> カテゴリ
全体
学校の話
バイトの話
日常の話
バイクの話
趣味の話
その他
就活の話
未分類
> フォロー中のブログ
> 仏像描いたぞう。
 インド仏教図像学の時間に、仏像を描きました。造像量度経という仏像の描き方が書いてあるお経に従って製図をし、如来を描きました。

 まず、先生の指示に従って中心線をとり、幅を自分の指の幅で数え(今回はわかりやすく1cmでした)、いろいろな比率で縦と横に線を入れていきます。これによって如来の特徴をよくとらえた顔つきのバランスに誰でもなるそうです。そして線を入れ終わったら、その線を目安に顔を描いていきます。

 ここからはフリーハンドで、自分の腕が試されます。いかにガイドラインに沿いながらうまく描いていくか・・・。う~ん難しい。輪郭に、頭部、首、耳、鼻、眉、目、口を描くたびに自分だけの独特な表情になって行きます。特に目は重要です。絵心のない私ですが、久しぶりに熱中しました。

 何故かこの仏像、顔が本人に似るそうです。男性は男性的な、女性は女性的な仏像になるそうな・・・。自分の内面が仏像の顔つきに投影されるのかな?すごい美人(線が細くて綺麗)の友人の描いた仏像はやっぱり柔らかで、線の細い、女性的な綺麗な仏像で、先生も「綺麗な顔をした如来ね」と大絶賛。一方、その隣りで描いている私の仏像はムチムチしてて線が太くてがっしりした仏像。先生も「あら~こっちは反対に凛々しい如来ね」と女性(私のことね)の描いた男性的な如来の感想をポツリともらしました。やっぱ性格が出てしまうのかしら・・・。

 次こそ、華奢で、柔和で、麗しい仏像を描きたいです。でも意外とこのごつい如来も気に入ってます。大事にとっておこうっと♪
[PR]
by piyopiyo-thig-le | 2005-11-22 01:41 | 学校の話

ぴよのつぶやき日記
by piyopiyo-thig-le
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧